【メンテナンス】シマノ内装5段変速オイルディッピング(2年毎推奨)

通勤ユーザーに人気の内装多段ギヤ「シマノのネクサスインター5やアルフィーネシリーズ8、11」

ハブ部分の日常メンテは基本必要ないので、雨ざらしや少々雑な扱いでも、かなり長期間快走を維持してくれます。

しかしながら、長年ノーメンテでOKということではなく、

メーカーでは2年ごと、もしくは5000Kmに一度のオイル交換(ディッピング)が推奨されています

内装5、8、11は内装3段よりも機構が複雑になっていますので、定期的なメンテをおすすめします。

 

電動アシストや、チャイルドシート取り付け車は、通常車より負担が増えるので、推奨より早めのディッピングが吉です。

2018921105926.jpg

 

後ろ車輪を外して、内部ユニットを取り出します。

201892111144.jpg

 

 

ベアリングや、ギヤ、バネなど、こまごまとしたパーツが詰まっています。繊細な機構のため、慎重に作業を進めます。

201892111413.jpg

 

ケース内は洗浄します。

201892111649.jpg

 

内装専用の結構高級なオイルを使用します。

20189211182.jpg

 

オイルの色はブルーハワイ。ここにドブ着けいたします。

201892111922.jpg

 

おっと内装8段用の指定量じゃ足りません、指定位置まで継ぎ足しします。

2018921111042.jpg

 

いわゆる、串カツ作業です、2度つけOK

2018921111157.jpg

 

デッピング時間は指定があります。ストップウォッチ片手に2台分同時進行中。

2018921111329.jpg

 

内装ユニット外のベアリングにグリスを注入しメンテ終了となります。

201892111152.jpg

 

以上内装ハブのオイルディッピングの様子でした。

内装5段、8段、11段に御乗りのユーザー様で、「最近ギヤの入りが悪い」とか「異音がする」などは早急に、2年以上(5000km以上)ノーメンテの方は、そろそろご検討ください。ちなみに後ろタイヤ交換時に同時作業のご依頼が、工賃的にお得でお勧めです。

安心・信頼の証

  • 安心・信頼できるプロショップの目印 スポーツBAA PLUSマーク
  • BAA安全基準適合車
  • 東京都自転車商協同組合加盟店
  • Cyecle Meister

取り扱い自転車メーカー

  • BRIDGESTONE
  • MIYATA
  • MARUISHI
  • Panasonic
  • YAMAHA
  • S-Tech
  • CENTURION
  • raleigh
  • KHS
  • ARAYA
  • SCHWINN
  • GIANT
  • FUKAYA
  • GIOS

部品・用品メーカー

  • SHIMANO
  • BONTRAGER
  • OSTRICH
  • NITTO
  • OGK
  • MINOURA
  • SCHWALBE
  • TIOGA
  • CAT EYE
  • Panaracer